圧倒的コスパ!できたて水素水を飲めるスティックタイプの水素水

圧倒的コスパ!できたて水素水を飲めるスティックタイプの水素水

美容と健康に効果があると人気の水素水には様々な商品があります。

 

例えば、

 

  • アルミパウチ容器タイプ
  • 水素水サーバータイプ
  • スティックタイプ

 

どのタイプにも、メリット、デメリットがあり、どのタイプを選ぶかは自分の環境や金銭面を考えた上で選ぶようにしましょう。

 

ここでは、自分で手軽に水素水を作ることのできるスティックタイプのメリットとデメリットについて検証してみました。

 

メリット

 

  • 作りたて高濃度の水素水が飲める
  • 簡単・手軽に作れる
  • 小さいスティックなので、保管にも場所を取らない
  • 出来上がった水素水を購入するよりも安価

まずメリットについてですが、最大の特徴は高濃度の水素水が飲める、ということです。

 

水素水は時間の経過につれて水素の濃度が下がっていきますが、これは密閉された完成品でも同じで、生産から日数が経過すると多少の濃度の減少は避けられません。

 

その点、自宅で毎日作って飲めば、高濃度のままの水素水を摂取することができます。

 

又、2リットルのペットボトルなどで一気に大量に作れば、飲料としてだけでなく、お料理などにも気兼ねなく使えていいですね。作り方も専用スティックをミネラルウオーターのボトルに入れるだけなのでとっても簡単。

 

特別な場所も必要ありませんし、完成品を購入するよりも安価で作れるところも愛飲者には嬉しいことです。

 

デメリット

 

  • 作るのに時間が掛かる。(製品により異なりますが一般的に2時間から8時間です)
  • 容器やスティックを清潔に保つ必要がある。

 

デメリットとしては、作るのに時間がかかることです。

 

作り忘れた!今すぐ飲みたい!という場合には対応できませんね。

 

スティックは特別な洗浄などは不要ですが、清潔に保つ必要はありますし、外出時に持ち歩く場合は、完成品の方が手軽です。

 

まとめ

 

以上のことを考え合わせますと、

 

  • 高濃度の水素水をコンスタントに飲み続けたい。
  • 家族で飲みたい
  • 毎日の習慣として作る手間が気にならない
  • 安価で水素水を飲み続けたい

 

このような考えの方に最適ではないかと思います。

 

ちなみに水素は無味無臭ですので、その味はベースとなるミネラルウオーターの味によります。お好みの味で、自分だけの水素水を楽しむのもいいですね。